column

自分でまつげエクステをつける方法

アイメイクにこだわる女子の嗜みとして、今や欠かせないものとなった「まつげエクステ」。
装着するには専用のサロンへ行くのが一般的ですが、最近ではまつげエクステを自分で行う女性も増えているようです。“

プロの技”というイメージのあるまつげエクステを、素人の私たちが行うなんて……? とちょっと驚きの「セルフまつげエクステ」について、ここではお話しします。

まつげエクステを自分でつけるメリット

セルフでまつげエクステを行う最大のメリットは、やはり「価格が安い」ことでしょう。

専用のサロンでまつげエクステの施術を受けた場合の料金は、1回当たり5000円~1万円。1カ月に1度の施術を受ければ、年間に6万円~12万円ほどかかる計算になります。

セルフの場合、道具を揃える初期費用として平均1万円ほどかかりますが、あとは消耗品であるエクステやグルーが無くなるまで追加料金はかかりません。1カ月に1度リムーブしても、揃えた道具は1年以上使えますので、1回当たりの料金は平均500円以下に。
自分で行うまつげエクステは、おサイフに優しいのです。

また、まつげエクステが取れて来ても気軽にリペアできること、サロンと違って予約が要らず、空いた時間にいつでもできることも、まつげエクステを自分でつけるメリットと言えますね。

まつげエクステを自分でつけるために用意するもの

まつげエクステを自分で行うには、以下の道具が必要です。

・鏡……拡大鏡があると便利です
・ツイーザー(ピンセット)……使いやすい先曲がり型がおすすめです
・グルー……しみにくい初心者向けのものがいいでしょう
・グルー台(グルーシート)……グルーを置く台です。グルーの乾燥を遅らせます
・サージカルテープ……下まつ毛の保護に使います
・コーム……まつ毛を整えるために使います
・エアポンプ……グルーを乾かします。ドライヤーの冷風でもOK
・コットン……まつげエクステを置くなど、さまざまな用途に使えます
・リムーバー……まつげエクステをリムーブする際に使います
・綿棒……まつげエクステをリムーブする際に使います
・まつげエクステ……カールや太さは好みのものを選びましょう。初心者向けのフレア(束)タイプもあります

鏡、コーム、コットン、綿棒などは、普段使っているもので代用できます。

通販サイトなどでは、上記すべてが入った便利なキットが1万円ほどで売られているので、「買い集めるのが大変!」という方は利用すると良いでしょう。

まつげエクステを自分でつける方法

次にまつげエクステのやり方を説明します。

必要な道具を揃え、髪の毛はジャマにならないようゴムやヘアバンドでアップに。下まつ毛をサージカルテープで保護してから始めましょう。

ツイーザーでまつ毛エクステをつまんでグルーを付け、鏡を見ながら目当ての自まつ毛にそっとあてるように接着します。くっついたら次のまつ毛エクステをつまみ、同じようにつけていきます。付けた時に曲がってしまっても慌てずに! 初心者向けのグルーは乾きにくいため、数秒間は調節が可能です。

特に利き手と反対側の目への装着は難しく感じる方が多いようですが、焦らずじっくりとつけていきましょう。時々コームでとかして毛の向きを整えることもお忘れなく。両目共に同じ工程を繰り返し、目的の本数を付け終えたら終了です。エアポンプで接着部分を乾燥させ、まつげエクステを定着させましょう。

まつげエクステを自分でつけるときの注意点

サロンでまつげエクステをしてもらう場合は両目を閉じて施術を受けますが、自分でつけるとなると、そうはいきません。常にどちらか一方の目は開いた状態で行うことになります。

しかし、グルーの成分は揮発性であるため、目を開けているとしみて痛みを感じる場合もあります。初心者向けのしみにくいタイプもありますが、それでもまったくしみないわけではないので、耐えられないほどの痛みを感じたら使用を中断しましょう。

また、まつげエクステの施術は大変繊細な作業です。素人である私たちが、慣れない手つきで行えば、グルーが皮膚や目の粘膜に入る可能性も高くなります。もしかゆみや腫れの症状が出た場合は、必ず医師に相談してください。

自分で行えばおサイフに優しいまつげエクステですが、トラブルが起こる可能性が高いことも事実。自信のない人は無理をせず、サロンへ行くことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です