column

目を傷つけないためのカラコンの正しい付け方

カラーコンタクトレンズ=カラコンは、付けるだけで目元の印象を変化させる優れモノ。その日の気分やファッションに合わせて自由に付け替えられるのも大きな魅力ですね。でも、付け方や保存方法を守らないと予期せぬトラブルが発生することも。

カラコンを安心して楽しむための“ルール”には、どのようなものがあるのでしょうか?

カラコンの付け方

日頃、何気なく使っているカラコンにも、実は正しい付け方があります。

1.手を洗う
石けんで手を洗い、ホコリのつかない清潔な布でよく拭きます。

2.カラコンの汚れと裏表をチェック
カラコンを取り出して人差し指に乗せ、汚れや裏表をチェックします。保存容器から取り出す際は、カラコンの上から人差し指を軽く当ててそっと持ち上げると自然と指にくっついてきますよ。

3.カラコンを装着する
カラコンを乗せた手の中指で下まぶたを押し下げ、もう一方の手の指で上まぶたを押し上げます。そのまま、まっすぐに前を見た状態で、黒目の上にカラコンをそっと乗せるように装着しましょう。
カラコンが眼球にピタッと吸着したら指を離してください。

4.まばたきをする
まばたきをして、カラコンを眼球になじませます。
数回まばたきをしてもゴロゴロしたり違和感があったりするときは、カラコンにゴミが付着しているかもしれないので、①からやり直しましょう。

カラコンの外し方

上記①と同様に手を洗ったら、利き手の中指で下まぶたを押し下げ、そのまま利き手の人差し指と親指でカラコンをそっとつまみ上げます。このとき、眼球に乗ったカラコンの位置を鏡などで確認し、指先が眼球に直接触れないように行いましょう。

毎日のカラコンお手入れ方法

キレイに見えるカラコンにも、空気中に舞うホコリや、涙に含まれるたんぱく質などたくさんの汚れが付着しているもの。これらの汚れを落としカラコンを清潔に保つには、専用の洗浄保存液で毎日正しく洗浄&保存をする必要があります。

<洗浄方法>
清潔な手のひらにカラコンを乗せて洗浄保存液を数滴垂らし、もう片方の手の指先で優しく「こすり洗い」をします。レンズの両面を、指先で各20~30回ずつ、タテまたはヨコ方向にこすって洗ってください。洗い終わったら、洗浄保存液ですすぎます。

<保存方法>
清潔なレンズケースに洗浄保存液を注ぎ、カラコンを入れます。レンズ全体が洗浄保存液に浸かるよう、きちんと沈めましょう。そのままカラコンを巻き込まないようにフタを閉め、決められた時間以上つけておきます。

毎日カラコンを使う場合、洗浄保存液も毎日交換します。長期保存をする場合は毎日取り換える必要はありませんが、殺菌力を保つため、3~4日毎に交換しましょう。

カラコンを使う時の注意点

・寝るときは必ず外す
就寝中は涙がほとんど分泌されないため、カラコンが眼球に貼り付いて取れなくなる場合があります。また、カラコンは酸素を通しにくいので、眼球が酸素不足に陥ることも。

・使用期間を守る
使い捨てのワンデータイプ、2週間、3カ月など、カラコンには定められた使用期間があり、これを過ぎるとカラコンの劣化が始まります。容器に記載された使用期間を必ず守りましょう。

・水道水は避ける
カラコンの洗浄や保存に水道水を使うのはNG! カラコンと水道水は浸透圧が異なるため、水道水が触れるとカラコンが変形してしまいます。また、水道水には「アカントアメーバ」がいる可能性があります。感染すると痛みや充血の症状が現れ、悪化すれば失明の可能性も……。

・夜間にカラコンをつけて車の運転をしない
暗い場所では目の瞳孔が開くため、カラコンの着色部分と瞳孔が重なり周囲が見えにくくなります。夜間の運転や暗い場所での作業は控えましょう。

・清潔な手でふれる
カラコンに触れる際に手や指が汚れていると、目のトラブルを招く原因になります。普段使う化粧品やハンドクリームももちろんNG! カラコンの着脱時には、必ず石鹸で手を洗いましょう。

カラコンと良好な関係を築くには、ルールを守ることが大原則です。“自己流”にせず、正しい付け方や保存方法を守って、トラブルのないカラコンライフを送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です