column

目で決まる第一印象!目をお手入れする必要性とは?

第一印象を良くするために、服装やメイクに気を遣っている方は多いでしょう。中でも、良い第一印象を与えるために、特に磨いておくべき箇所があります。それが、目です。ここでは、第一印象が目で決まる理由と、印象を良くするための目のケア方法をご紹介します。

なぜ第一印象は目で決まるのか?

人は、外見から第一印象を決めることが多いと言われていますが、中でも印象を左右するのが「目」です。人と話すときはまず目を見ることが礼儀ですし、本能的にも、人間や動物は相手の感情を読み取るために、真っ先に目を見ることがあるようです。

なお、人は年齢とともに目に性格が出ると言われ、「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるほど、目はその人の印象や内面を表すのです。

このように、第一印象を良くするためには、目の印象が必要不可欠。話してみると明るい方でも、疲れた目、暗い目をしていては、初対面では疲れて暗い印象を与えてしまうでしょう。

日常的にできる目のケア方法とは?

目がパッチリと開いていないということは、加齢によるたるみのほか、血行が滞っていることが考えられます。血行不良に陥るとクマやくすみにもなりやすく、より疲れた目になってしまうので、日常的に血行促進を促しましょう。

その日の疲れ目を解消できるのが、ホットタオルを使ったケア。水で濡らしてギュッと絞ったタオルを、レンジで1分程度温めます。それを目に押し当てるだけで、じんわりと肌が温かくなり、血行が促進され目元がスッキリし、パッチリ開くようになると言われています。

また、毎日心掛けたいケアとして、額のマッサージがおすすめです。親指の付け根付近にある手の腹で、くるくるともんであげるだけでOK。さらに人差し指をカギ型に曲げて、眉頭から眉尻までくるくる回しながらほぐすと効果的でしょう。仕事中でもできる簡単なマッサージなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

第一印象を良くするアイメイク方法って?

第一印象を良くするために欠かせないポイントとして、「清潔感」、「明るさ」、「女性らしさ」の3点が挙げられます。アイメイクにもぜひこのポイントを取り入れてみてください。

レッドやゴールドといった、派手なカラーを使ったアイメイクでは、第一印象はあまり良くありません。「個性的すぎる」、「ケバい」、「不真面目」といった印象を与えてしまう恐れがあります。

反対に、アイシャドウをほとんど入れず、すっぴんのような薄すぎるメイクでは、「無頓着」な印象を与えてしまいます。第一印象を良くするためには、カラフルな濃いメイクは避け、ナチュラルメイクを目指しましょう。

まず、眉は細すぎず太すぎず、アイラインは濃くならないように、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように描いていきます。アイシャドウは、ブルーやオレンジよりも、ブラウンやピンクが一般受けしやすいでしょう。色味によっては、ほかの色でも印象良く仕上がるため、淡いカラーと濃いカラーのグラデーションにして、目の周りには深みを持たせると良いでしょう。

パッチリとした、第一印象の良い目元に仕上げるためには、メイクだけでなく日頃からのケアが必要不可欠です。適切なケアとナチュラルなメイクで、好印象の目元を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です