column

施術後はどうするの?まつげエクステ施術後のアフターケア

いつもとは違うまつげのボリュームと目元の美しさに、自信が生まれた人も多いことでしょう。

まつげエクステを存分に楽しみ、美しさを持続させるためには、アフターケアがとても大切です。誤った方法でケアをすると、まつげエクステがすぐに取れてしまう恐れがあります。

そうならないために、まつげエクステのアフターケアの方法や注意点についてご紹介します。

まつげエクステ装着直後のケア方法

グルーが完全に乾くまでに4~5時間かかるので、その間は絶対に濡らさないように注意してください。つけてすぐに濡らしてしまうと、その水でグルーが流れ落ちてしまって、一緒にエクステが取れてしまうことがあります。

洗顔や入浴はもちろんですが、大量に汗をかくスポーツやサウナ、岩盤浴も極力控えたほうがいいでしょう。

まつげエクステ装着時のメイクで気を付けること

装着後は、マスカラの使用は控えた方がいいでしょう。なぜならマスカラをオフする際のクレンジングが、まつげエクステの大きな負担になるからです。どうしてもマスカラを使用したい場合は、まつげエクステ専用のマスカラが販売されているので、それを使用するとよいでしょう。

ビューラーの使用も控えたいところです。これもマスカラ同様に、まつげエクステの負担となり、早く取れてしまう原因になってしまいます。

まつげエクステの洗顔・クレンジング方法

まつげエクステをクレンジングするときは基本的に、オイルフリーのものを使うようにします。オイル性のクレンジング剤は、まつげエクステに負担がかかり、取れやすくなってしまいます。

負担の少ない、拭き取りタイプのクレンジングや、オイルが入っていない水クレンジングを使用するようにしましょう。
目元をクレンジングするときは、極力コットンでアイメイクをオフすることは控えてください。繊維がまつげエクステに引っかかり、まつげエクステを傷めてしまう可能性があるからです。アイメイクをオフする場合は、綿棒にクレンジング剤を染み込ませて、優しく拭き取りましょう。

洗顔料は特に使ってはいけないタイプのものはありません。ただ、目元を洗う際には、人差し指と中指を合わせた状態で、まつげに触れないよう弧を描くように滑らせてください。まつげをこすることは絶対にしないでください。

日常生活のアフターケア方法

洗顔や入浴などでまつげエクステが濡れてしまった場合は、まつげの下からドライヤーの冷風を当てて乾かすとよいでしょう。タオルで擦ることはもっての外です。普段から摩擦などの刺激を与えないようにして丁寧に扱えば、まつげエクステを長持ちさせることができます。

また、枕に顔をつけてうつ伏せ寝をしている人は、まつげエクステに長時間負担がかかるので注意しましょう。まつげエクステが変形したまま、戻らなくなってしまう可能性があります。

まつげエクステが取れてしまったり、何かトラブルが起きた場合は、自己判断でなんとかしようとせずに、サロンの専門スタッフに問い合わせることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です