column

まつげエクステを行うからこそ、やっておくべき目の下のくまの解消法

まつげエクステをつけると目元の印象が華やかになるため、目元に視線が集中するようになります。そこで気になってくるのが目元の状態。特に目の下のくまは、疲れた印象を与えてしまうためせっかくのまつげエクステ効果が台無しになってしまいます。

まつげエクステの効果を最大限に活かすために、ここでは目の下のくまの解消法をご紹介していきます。

あなたはどれ? 目の下のくまは原因別に3タイプ

目の下のくまというとすぐに「睡眠不足が原因」と思われがちですが、実はその原因は大きく3つに分けられるのです。

ひとつが目元の血行不良。さまざまな要因によって起こりますが、睡眠不足やストレス疲労、冷えなどが引き金となることが多いようです。

ふたつ目のタイプは目元の皮膚に色素沈着が起こって表れるくま。これは、肌が日焼けして黒くなるのと同じ原理で、目元の皮膚表面にメラニン色素を多く含む層が蓄積されて起こるくまです。

最後の原因が目元のたるみによっておこる目の下のくま。目元の皮膚が立体的に凹凸を持つことにより、影が生じてくまに見えてしまうというケースです。加齢やPC画面を凝視するなど、目を酷使することによって起こります。

これらの3タイプは、目視で確認できることもありますが、下記2つのちょっとしたテストを行うだけで簡単に見分けることができます。

目尻を引っ張る
目尻に指をあてて軽く引っ張ってみてください。これで消えるようなら、そのくまは血行不良かたるみによるくまです。

仰向けになって鏡でチェック
仰向けに寝転んだ状態で鏡を上に掲げて覗いてみましょう。これでくまが消えるのでれば、そのくまはたるみによって引き起こされたくまということになります。

どちらのチェック方法でもくまが消えないということであれば、それは色素沈着によるくま。まずはくまの原因を知ることが解消に向けての第一歩なのです。

目の下のくま解消法も原因別で3タイプ

さて、目の下のくまの原因が分かったら、次は解消法です。血行不良、色素沈着、たるみのそれぞれの症状に対して効果的なアプローチを行えば良いのですが、ここで気を付けたいのが目元という点。

目元の皮膚は全身の中でも特に薄くなっており、これが目元にくまが生じやすい原因でもあるのです。

薄い目元の皮膚は少しの刺激でもすぐに傷ついてしまいます。目元の皮膚に刺激を与えると、さらなる色素沈着やたるみなどのトラブルの原因になってしまう可能性もあるので、処置を行う際は必ずやさしく触れるようにしてください。

上記を踏まえて、原因別に目の下のくまの解消法をまとめてみました。

血行不良によるくま

・マッサージで血行促進
目の下から親指1本分下にある「四白」というツボを、ゆっくり押したり離すという動作を繰り返し行います。強く押すと効果が薄れてしまう可能性がありますので注意して下さい。

・温タオルで血行促進
冷水で濡らして絞ったタオルを2枚用意して、1枚を電子レンジで1分程度加熱します。温かいタオルと冷たいタオルを交互に5秒づつあてるという動作を3〜4回繰り返す。乾燥予防のため、最後は必ず冷タオルで終わるようにしてください。

色素沈着によるくま

・美白化粧品で美白
ビタミンC誘導体など、美白効果を持つ成分が配合された美白化粧品を使って目元をケアします。美白成分には刺激が強いものもあるので、必ず目元対応のアイテムを使うようにしましょう。

・目元パックでターンオーバーを促す
目元パックを使ってメラニン色素を含む古い角質層を老廃物として除去。乱れがちなターンオーバーを正常化させます。

たるみによるくま

・コラーゲンケアでたるみを解消
失われがちなコラーゲン、セラミドを補給して目元の皮膚にハリを取り戻すケアを。保湿としわ、たるみ対策の相クリームにこの成分が含まれていることが多いので、ぜひ利用してみましょう。

以上、原因別の目の下のくま解消法をまとめてみました。

とはいえ、ここに挙げた解消法はごく一部。目元に限らず、肌の調子を整えるには、生活全般を見直すことがとても大切です。

しっかり睡眠をとって疲労を回復する、鉄分やビタミンを含む栄養バランスの良い食事を心がける、目元を酷使しないよう、PCなどの使用法に気をつけるということも意識して、まつげエクステの似合う輝く目元を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です