column

まつげエクステをつけているとき、目の充血に目薬をさしていいのか?

疲れ目や寝不足、アレルギーなどで起こる目の充血。本来クリアな白目が赤くなってしまうと目元の魅力を半減させてしまいますよね。目の充血には目薬が効果的だとされていますが、まつげエクステをつけている時に目薬を使っても良いのでしょうか?

まつげエクステ中でも充血解消の目薬はOK

花粉症にドライアイ……近年、目のトラブルに悩む女性は増加の一途を辿っています。中でも充血に悩む女性は深刻。本来白く澄んでいるはずの白目が充血して赤く染まってしまうだけで、目力が大幅ダウン。せっかくのアイメイクやまつげエクステも効果が半減してしまいます。

充血は眼精疲労、寝不足、ドライアイやストレスなどが原因で発生する眼球の炎症です。そんな充血を解消するのに目薬を使用しているという女性も多いことでしょう。

ただ、まつげエクステをつけている時に充血してしまったら、通常通り目薬を差して良いものなのか……迷ってしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

基本的に、まつげエクステ中でも充血をとるために目薬を使用することは問題ありません。エクステに使用しているグルー(接着剤)は、一度硬化してしまえば目薬程度の液体で影響を受けることは少ないからです。

ただ、特殊な成分を含む目薬だったり、一度に大量の目薬を差してしまうと、まつげエクステがとれてしまうことがあります。普段から充血が気になって目薬が手放せないという人は、まずは施術時にサロンで相談してみるのが良いでしょう。

まつげエクステ中の充血にはどんな目薬がおすすめ?

まつげエクステ中の充血への目薬ですが、基本的には市販されているレベルのものであればどれでも問題ありません。

まつげエクステの有無に関わらず、塩酸テトラヒドロゾリンという成分を含有している目薬が、目の充血に効果があるとされています。塩酸テトラヒドロゾリンは、白目の毛細血管を一時的に収縮させることで充血を解消する成分です。

目薬の中にはパッケージに「充血対応目薬」と明記されている場合もあります。「充血」と明記されていない商品でも、含有成分がパッケージに表記されているので、成分名を手がかりに探してみると良いでしょう。

充血には思わぬ病気が隠れている危険性も!

目薬でも解消できる目の充血は、よくあることと軽視されがちですが、実はその裏に大きな病気が隠れているケースもあるのです。

例えば、まつげエクステのグルー(接着剤)などに対するアレルギー反応で、結膜炎や角膜炎を起こしている場合やヘルペスによる充血の可能性もあります。また、糖尿病や高血圧、腎炎などの深刻な病気が目の充血を引き起こすこともあるのです。

「たかが充血」と軽んじるのではなく、症状が表れたらまずは眼科専門医に相談するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です