column

まつげエクステをする時、気をつけたい結膜炎

眼科の疾患の中で多いのが結膜炎。何度か患った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?「よくある病気」と軽く考えて放っておくと、重症化することがあるので注意が必要です。

発症する原因としては、さまざまなものが考えられますが、まつげエクステがきっかけとなる場合もあるので、ここで結膜炎の正しい知識を得て、今後施術に臨む際の参考にするようにしてください。

大きく3タイプに分けられる結膜炎

白目とまぶたの裏側を覆う、薄い半透明の膜が結膜。何らかの原因でこの結膜が炎症を起こすのが結膜炎です。結膜炎になると、目の充血、かゆみ、目ヤニやまぶたの腫れといったさまざまな症状が現れます。

結膜炎はその原因によって大きく3つのタイプに分けられます。

1. ウィルス性結膜炎
結膜にウィルスが感染することによって起こる結膜炎です。感染力が強く、周囲の人にうつるため「流行り目」とも呼ばれます。

プール熱や流行性結膜炎などと呼ばれるさまざまな結膜炎があり、目の症状以外に、発熱などの全身症状を伴う場合もあります。
結膜炎の原因となるウィルスは高温多湿の環境を好む性質があり、夏場に感染が広がりやすく、学校や保育施設など、抵抗力の低い子どもたちが密接な集団生活を送る施設で流行するケースが多く見られます。

2. 細菌性結膜炎
ウィルスではなくブドウ球菌や肺炎球菌といった細菌に感染することによって引き起こされる結膜炎です。粘り気のある黄色っぽい目ヤニが特徴で、体の抵抗力が落ちている時にかかりやすくなっています。

3. アレルギー性結膜炎
結膜炎の中でも特に身近になっているのがアレルギー性結膜炎。特定のアレルゲンに対する反応として目の充血、かゆみ、まぶたの腫れなどの症状が出る結膜炎です。

アレルゲンとして近年最も多いのが「花粉」。春先のスギを中心に、ヒノキ、ブタクサ、イネなど、さまざまな植物の花粉に対する反応に悩む人が多くなっています。また、花粉以外にもダニやハウスダスト、大気汚染によってアレルギーが出るケースも多いようです。

結膜炎になりやすい時期はまつげエクステも要注意

結膜炎の中でもウィルス性のものは夏場、アレルギー性のものは春を中心に症状が多発します。
これらの季節に少しでも目元に違和感を覚えた場合は、自己判断でまつげエクステをお休みすることも、結膜炎の重症化を防ぐためには有効と言えます。

目元に施術を行うまつげエクステでは、結膜炎になる危険性を否定できません。
衛生管理が徹底されていないサロンでは、ツイーザーなどのツールに付着したウィルスや細菌をしっかりと殺菌せずに施術を行うため、それが原因で結膜炎になってしまう危険性があるからです。

サロンでまつげエクステを行った後、潜伏期間である2週間が経って結膜炎の症状が出た場合は感染が疑われるので、一度眼科の専門医に相談することをおすすめします。

目元を清潔に保つのが一番の予防法

結膜炎を防ぐ方法として一番効果が高いのが、目元を清潔に保つこと。目元に汚れが残っていると、ウィルスや細菌が繁殖してしまう原因になってしまうので、汚れをしっかり落とし切ることはとても大切なことなのです。

特にまつげエクステをしていると、目元のクレンジングや洗顔はとても重要。まつげに負担をかけないようにやさしく、そして確実に汚れを落とすクレンジングと洗顔を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です