column

まつげエクステをする時、気をつけたい接触性皮膚炎

信頼できるサロンで施術を受ければ安全なまつげエクステですが、まれにトラブルを引き起こしてしまうことがあります。そのひとつが接触性皮膚炎と言われる病気です。

では、接触性皮膚炎とはいったいどのような病気で、どんな症状が現れるのでしょうか?

気になるその原因を探ってみました。

接触性皮膚炎ってどんな病気?

接触性皮膚炎とは、炎症を起こす原因となる物質と接触することで、かゆみを伴う湿疹や腫れなどの症状が出る急性皮膚炎のひとつです。皮膚への刺激で起こる「刺激性接触皮膚炎」と、アレルギー反応で起こる「アレルギー性接触皮膚炎」に分けることができます。

化粧品で肌が荒れたり、洗剤で手荒れが起こったりするのは、この接触性皮膚炎の症状によるもの。他にも、シャンプーやパーマ液、毛染め液などが原因で、頭皮に症状が出るケースもよくあります。

接触性皮膚炎の原因は、洗剤、石けん、油など刺激の強いものや、植物、金属などによるアレルギー反応によることがほとんどです。

接触性皮膚炎の症状が現れたら、まずはその原因を突き止めて除去することが大切です。原因がわかれば、症状に応じた薬を使って炎症を抑え肌を守ることができますし、かゆみを抑えるために、内服薬などを併用するなどの処置を行うことができます。

ただ、突発的に症状が出た場合は、その原因を特定するのは難しいという状況もあります。

まつげエクステによる接触性皮膚炎、原因物質は?

まつげエクステによって接触性皮膚炎が起こった場合、通常はまぶたが腫れたり、目の下にかゆみがでるといった具合に、目のまわりに多くの症状が現れます。

その原因としては、まつげエクステで使用されるグルー(接着剤)や、固定テープなどによる刺激、ツイーザー(施術の際に使うピンセット)による金属アレルギーなどが考えられます。

また、施術の際に起こる微弱の静電気によって発症するというケースもあります。特にグルーやツイーザーの金属による症状は、アレルギー反応によるものが多く、一度症状が出てしまうと、常に同じアイテムを使った場合に症状が出るようになってしまいます。

まつげエクステの施術で一度でもかゆみや赤み、はれや湿疹などが表れた場合は、すぐにサロンスタッフに報告をし、可能な限りその原因を探って、以降はその原因物質を使用しないことが重要です。

接触性皮膚炎にならないまつげエクステって?

目元の皮膚は他の部分に比べてとても薄くデリケート。そのような繊細な目元に行うまつげエクステの施術は、接触性皮膚炎などのトラブルが起こらないように最善の注意を払わなくてはいけません。施術前に時間を取ってしっかりとカウンセリングをするのもそのためなのです。

カウンセリングでは、アレルギー反応が出る物質や、これまで皮膚炎を起こした経験などを細かくヒアリングしていきます。こうして、アイリストは施術前にある程度お客さまの体質を把握し、それにあわせてツールを選択していきます。

もし、アレルギー体質を持っているということであれば、ツールの選択は慎重にならなくてはいけません。金属アレルギーであれば、アレルギー反応の出やすいステンレス製ツイーザーを避け、反応が出にくいとされるチタン製のものを使ってもらうようにしましょう。

また、まつげエクステ用のグルーも、さまざまな種類があります。アレルギー反応が心配なときは、刺激の強いメチル系、エチル系のグルーを避け、ブチル系など比較的低刺激のグルーを使ってもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です