column

まつげエクステに合わせたクレンジング剤の選び方

まつげエクステをしている時には、クレンジング剤に気を付けなければなりません。なぜなら、クレンジング剤の種類によっては、せっかくつけたまつげエクステが取れてしまうことがあるからです。1日でも長く美しい状態を保つために、ここではクレンジング剤の選び方についてご紹介します。

まつげエクステ着用時のオイルクレンジング剤はNG!

まつげエクステをつけたまま化粧落としをする時に、絶対使ってはならないのが「オイルタイプのクレンジング剤」です。

まつげエクステを自まつ毛に接着するグルーは、油に溶けやすい親油性。もしオイルタイプのクレンジング剤を使えば、その油分でグルーが溶け出し、大事なエクステがポロポロと外れてしまいます。平均で3週間~1カ月は持つはずのまつげエクステが、たった1週間でスカスカに…そんな悲しい事態が起こり得るのです。

まつげエクステ着用時には、必ずオイルフリーのクレンジング剤を選びましょう。

まつげエクステにも安心なクレンジング剤は?

まつげエクステを付けていても安心して使えるクレンジング剤は、水性ジェル、リキッド、ローションの3タイプです。それぞれの特徴と、どんな方に適しているかをご紹介しましょう。

・水性ジェルタイプ
刺激が少なくお肌に優しい水性ジェルタイプのクレンジング剤は、オイルをほとんど含みませんが、その分洗浄力も低め。ナチュラルメイクの方におすすめです。

・リキッドタイプ
リキッドタイプのクレンジング剤は、油分と水分のどちらにもなじみやすい性質があります。濡れた手で使えるので扱いやすさはピカイチ。洗浄力も高いので、しっかりメイクの方におすすめです。

・ローションタイプ
コットンに染み込ませて使う拭き取りタイプです。オイル分を控えたものやオイルフリーのものがよく売られている一方で、お肌のバリアを壊すと言われる「界面活性剤」が含まれている商品も多く存在します。拭き取る際の摩擦や界面活性剤の影響で、お肌への刺激はやや強めですが、簡単にメイクが落とせるのはローションタイプならではの魅力。面倒くさがりの人におすすめです。

クレンジング剤を購入するならサロン? 市販?

確実に安心できるクレンジング剤を求めるならば、まつげエクステの施術を受けたサロンで購入すると良いでしょう。まつげエクステのことを知り尽くしたスタッフが、最適なクレンジング剤を選んでくれるはず。

ただ、サロンで売られているクレンジング剤は、そのクオリティの高さに比例してお値段もちょっと高めです。市販のクレンジング剤を買う場合は、必ずボトルをチェックしましょう。前後のラベルに“オイルフリー”や“100%オイルカット”などの記載があればOK!

自分で選ぶことに不安を感じる方や、まつげエクステ初心者は、信頼できるサロンでの購入をおすすめします。

時間とお金をかけて装着したまつげエクステを長持ちさせるには、オイルフリーのクレンジング剤を選ぶことが大切です。もし迷ったり、不安を感じたりしたときは、サロンに相談するのが一番でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です