column

まつげエクステによって起こる可能性のある眼瞼下垂とは

まぶたが下がり、顔が老け込んできた……と感じることはないでしょうか? それはもしかしたら、眼瞼下垂(がんけんかすい)という症状かもしれません。こちらでは眼瞼下垂の原因と予防策についてご紹介します。

まぶたが垂れ下がって目にかかる症状

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がり、瞳孔にかかる症状のことです。先天性の理由で起こる場合もありますが、外的な理由で発症する方もいらっしゃいます。症状が一気に進むことは少なく、徐々に悪化するのが一般的です。

眼瞼下垂は必ずしも両目同時に起こる問題ではなく、片目だけにかかることもあります。そうすると左右で目の形が異なるように見える場合があり、鏡を見たときに気になってしまいますし、極端に目の幅が違うとアイメイクも決まりません。目が疲れやすくなるといった機能面はもちろんですが、美容面でもマイナスが多い、悩ましい病気なのです。

まつげエクステの眼瞼下垂への影響

眼瞼下垂は加齢により発症することが多いですが、若い世代でもまつげエクステが引き金となって起こる場合もあるようです。これは主に、まつげエクステにより瞼に重みやがかかることが原因だと考えられています。また、エクステだけでなく、マスカラやつけまつげでも同様のリスクはあるでしょう。

過剰に心配する必要はありませんが、気になる場合には長さやボリュームが少ないまつげエクステを付ける、濃いアイメイクは避けるといった対策をとることをおすすめします。

眼瞼下垂が与える身体への影響

眼瞼下垂が額のしわをつくってしまうことがあります。瞼が下がることで視界が悪くなるために、あごを上げてものを見るクセがつくからです。

また、眼瞼下垂は悪化すると目の疲れに繋がり、そこから頭痛や肩こりの原因になる可能性があります。そして眼精疲労が悪化すると、吐き気やめまいが起こることも考えられるでしょう。

さらに重症になると、視野が狭くなることによって距離感が掴めなくなり、自動車事故や衝突事故に繋がるリスクもあります。人を巻き込んでしまえば、取り返しがつきません。

眼瞼下垂が疑われる場合には、生活へ支障が出るほどの状態になる前に、まずは眼科へ相談することをおすすめします。

眉のストレッチでハリのある目元に

眼瞼下垂の予防には、眉のストレッチが効果的です。ここでは、簡単にできる眉のストレッチをひとつご紹介します。
眉を上下に動かすストレッチ

  1. 目を閉じた状態で、眉毛を持ち上げます
  2. 限界まで上に持ち上げたら、約10秒間そのままの状態を維持します
  3. ゆっくりと元の状態に戻します

1~3までを1セットとして、朝晩それぞれに5回ずつ、1日に計10セットを目安に行います。目元のストレッチは眼精疲労の予防にも有効だと言われています。毎日の習慣にして、健康的な目元を目指しましょう。

眼瞼下垂を引き起こす原因はさまざまなものが考えられますが、日常的なストレッチである程度は予防することができるでしょう。症状と原因を理解した上で、日頃からしっかりと予防をすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です