column

まつげエクステとまつげパーマの違い

メイクアップで印象を変えたいときに最も効果があるのが目元メイク。目元を華やかに演出したい、アイメイクの手間をグッと軽減したいと考える女性から、まつげエクステやまつげパーマが人気を集めています。

ではこの2つの違いはどんなところにあるのでしょうか。ここで詳しく紹介します。

ゴージャス派に!  人工まつげを「装着する」まつげエクステ

まつげエクステは、自まつげに特殊なグルーでエクステ(人工まつげ)を1本1本接着していきます。

装着するエクステにはさまざまな種類があり、毛の素材、色、カール、長さ、太さなど、好みのものを選ぶことができます。

目頭から目尻に向けて徐々に長くしたり、部分的にカラーまつげを取り入れたりと、複数のタイプを組み合わせて、自分だけのデザインを楽しむことも可能です。

太さやカール、装着する本数を選ぶことで、目元をナチュラルにしたり、ゴージャスに仕上げることができるまつげエクステ。自まつげが「短い」、「量が少ない」という人でも、まつげエクステの技術があれば、自分が求める目元を手に入れることは充分に可能です。

ナチュラル派に! 自まつげを「カールさせる」まつげパーマ

人工のまつげを使うまつげエクステに対し、自分のまつげだけで目元を演出するまつげパーマ。まつげに専用のパーマ液を使ってカールをつける施術で、自まつげを使うので、より自然なカールまつげを得られるのが特徴です。

まつげエクステはデザインを選ぶことができますが、まつげパーマでは太さやカールを変えることができないので、劇的な変化を期待することはできません。しかし、自まつげが長い、量が多い方などは十分に目力UP効果を楽しむことができます。

まつげエクステとまつげパーマ、どっちがいいの?

まつげエクステとまつげパーマ、どちらを選ぶか迷っている人のために、双方のメリットとデメリットを紹介しましょう。

まつげエクステのメリット
・エクステの種類が豊富なため「なりたいまつげ」が手に入る
・自まつげが短い人でも高い施術効果が得られる
・化粧をしなくても目力UPの効果

まつげエクステのデメリット
・目をこするなどの動作で落ちてしまうので注意が必要
・半月〜1ヶ月ごとにメンテナンスが必要
・アイメイクがやりづらくなることも

まつげパーマのメリット
・まつげエクステに比べて自然な仕上がり
・特別なケアをしなくてもキープ可能

まつげパーマのデメリット
・自まつ毛のパーマなので劇的な変化は期待できない
・自まつげが短い人には高い効果は望めない
・施術によりまつげが傷むことがある
・まつげに刺激の強い薬剤を使う

一番大きな差は仕上がり。華やかな目元を演出して印象を大きく変えたい人はまつげエクステを。あくまでもナチュラルに、少し印象が変わればいいと考えている人にはまつげパーマがおすすめです。

どちらの施術も鏡を見るのが楽しくなるほど目元の印象をUPしてくれ、毎朝のアイメイクの手間を省いてくれます。

仕上がり、お手入れ方法、コストも考えたうえで、自分が求めるまつげに近づける施術を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です