column

まつげエクステでまぶたが腫れる原因と対処法

まつげエクステの施術を受けた後に、まぶたが腫れていることに気づくことがあります。
まぶたの腫れは女性の顔の印象を大きく変えてしまうので、少し腫れているだけでもとても気になってしまいます。

では、このようにまつげエクステの施術によってまぶたが腫れてしまうのはなぜでしょうか?気になるその原因をここで詳しく解説していきます。

まぶたが腫れる原因で最も多いのが「ものもらい」

まつげエクステの有無に関わらず、まぶたが腫れていわゆる「お岩さん」状態になってしまい、外出や人に会うことすらためらってしまうという経験をしたことがある人は、意外に多いのではないでしょうか。

こうしたまぶたの腫れの原因として一番多いのが「ものもらい」。地方によって「めばちこ」、「めいぼ」などとも呼ばれる、身近な目の病気です。「ものもらい」は正式には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言います。「流行り目」と混同されることも多いですが、基本的には他人に感染することはありません。

麦粒腫はまつげの根元部分にある汗腺や、涙を出すマイボーム腺に、ブドウ球菌などの細菌が感染することで起こります。まぶたの一部が赤く腫れ、徐々に膿がたまっていき、痛みが強くなりますが、膿が出てしまえば快方に向かいます。

一方、霰粒腫はマイボーム腺の出口の穴が詰まってしまい、ゆっくりと塊を形成してしまう病気です。基本的に細菌感染などはなく、経過観察で治ることがほとんどです。
疲れで抵抗力が落ちている時や、マイボーム腺や汗腺からの分泌が滞りがちな時に起こりやすくなっています。

麦粒腫や霰粒腫は、外部刺激によって引き起こされるものではないため、まつげエクステの施術で発症するということはまずありません。

まつげエクステが原因にもなる眼瞼皮膚炎

一方で、細菌や皮脂の過剰分泌などによって、まつげの根元あたりやまぶたに炎症が起こる眼瞼皮膚炎は、まつげエクステが大きく関係しています。

まつげエクステが原因で起こる眼瞼皮膚炎は、基本的に使用ツールに対するアレルギー反応によるもの。これは、施術を受ける側の体質によるものです。
まつげエクステの普及とともに、眼瞼皮膚炎が引き起こされてしまうケースが年々増加しています。

アレルギー体質の自覚がある人や、不安がある人は、まつげエクステの施術を受ける前に、必ずその旨をサロンスタッフに伝えましょう。

また、サロンスタッフは施術前にカウンセリングを行い、それぞれのお客さんの体質と使用すべきツールについてしっかり把握しておくことが大切です。

まぶたが腫れてしまったときの対処法

原因が何であれ、まぶたの腫れは目元に違和感を覚えるもの。目玉のごろつきが気になって、つい目元に手を持っていきがちですが、まぶたが腫れている時にむやみに触るのは絶対NG。かゆいからとかいたりこすったりことは避けてください。

もし炎症を起こしてまぶたが腫れてしまった場合は、目元のメイクは避け、できるだけ早く眼科専門医に相談して原因を探りましょう。

また、炎症を起こしてまぶたが腫れてしまった場合は、目元のメイクは避け、できるだけ早く眼科専門医に相談して原因を探ります。

まつげエクステの施術を受けた後にまぶたが腫れると、まつげエクステを原因にしてしまいがちですが、その腫れの原因がまつげエクステにあるとは限りません。

特に麦粒腫や霰粒腫は、睡眠不足や栄養不良などにより抵抗力が落ちている時にかかりやすい病気。日常的に体調管理を怠っていないかということも確認してみましょう。

※当サロンでは もしもの時の保険に加入しているのでご安心ください。何かあった際はご連絡いただき、専門医に相談するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です