column

まつげエクステでかゆみを感じる原因と対処法

まつげエクステをつけた後に、かゆみを感じる人が多くいるようです。これはまつげエクステの施術によるものなのでしょうか?まつげエクステとまぶた、眼球のかゆみの因果関係について、その対策とともに探ってみました。

まつげエクステ後にかゆいと感じる人は多い

まつげエクステをつけてかゆみを感じ、我慢できずにエクステを断念してしまう人と、かゆみが軽いからと我慢してエクステを続ける人がいます。

まつげエクステ後にかゆみを感じるのは、慣れないまつげエクステに対しての違和感が続いているということが考えられます。

他にも、まつげエクステをつけると、気軽に目元を触れることができなくなるため、目元に埃などの異物がついても、エクステ装着前のように指で払うということが難しく、それを我慢しているうちにかゆみが生じるということもあるようです。

また、どうしても目元のクレンジングや洗顔が不十分になることから、かゆみを感じる人もいるようです。このようなかゆみはまつげエクステの施術によるものではなく、目元に触れなくなることによって発生するものなのです。

まつげエクステ施術によってかゆいと感じることも

まつげエクステの施術そのものに対してかゆみを感じるというケースもあります。その多くがグルー(接着剤)やツイーザーに対するアレルギー反応から起こるものです。

かゆみを感じやすい人は施術前のカウンセリングでしっかりとその旨を伝え、刺激の低いブチル系のグルーや、金属アレルギーの出にくいチタン製のツイーザーを使ってもらうように依頼しましょう。

かゆみを出さないまつげエクステ施術とは?

また、まつげエクステをつける位置を調節することで、かゆみを軽減することも可能です。まつげエクステは自まつげの1本1本に人工毛をグルーで接着していきますが、このグルーがまぶたにつくことによりかゆみなどの症状が発生します。

グルーをできるだけまぶたにつけないよう、人工毛の接着位置をすこし毛先方向にずらすだけでも、かゆみ軽減の効果があります。

また、グルー選びに迷ってしまった場合は、パッチテストをするのが一番確実。通常、化粧品などをテストする場合は、上腕内側などにその商品を塗って、しばらく時間が経った後の反応を見ます。上腕内側の皮膚が顔などの皮膚と同様にデリケートとされているからです。

ただ、まつげエクステのグルーに関しては、上腕内側のテストは適切ではありません。まぶたの皮膚は上腕内側よりさらに薄く繊細なものだからです。そのため、まつげエクステのグルーはまぶたで試す方法が適切です。実際に数本だけ試したいグルーを使って人口毛を装着してみて、かゆみや腫れなど不快症状がなければ本格的な施術に入って問題ないでしょう。

こうした方法は少し面倒に感じるかもしれませんが、まつげエクステでトラブルにならないためには重要なステップです。まつげエクステでかゆみを感じたことのある人は、必ずサロンスタッフに相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です