column

まつげの生え際にニキビのようなできものができた際の対処法

まつ毛の生え際に違和感を覚えて鏡をのぞき込むと、ポツンと白いものが。できものがあれば当然アイメイクは控えることになり、気分も落ち込んでしまいそう。このできもの、一体何なのでしょうか? 

ここでは、できものの正体や、できた時の対処法などについてご紹介します。

まつ毛の生え際に現れるできものの正体

まつ毛の生え際にできるできもの。その正体は「ものもらい」です。関西やその他の地方では「めばちこ」、「めばち」、「めいぼ」などと呼ばれることもありますね。ものもらいには「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」があり、原因や症状が異なります。

「霰粒腫」は、まつげの生え際にあるマイボーム腺に脂肪が詰まることで起こる症状です。マイボーム腺とは、涙に油分を与えるための皮脂が出る分泌腺です。

ポツンと白いものができたり腫れたりしますが、ほとんどの場合、痛みはありません。ただ、雑菌感染を起こすとまぶたが赤く腫れ上がって痛みを伴い、もう一方の「麦粒腫」と似たような症状になることもあります。

「麦粒腫」はさらに2種類に分けられており、マイボーム腺に雑菌が入り込んだものを「内麦粒腫」、マイボーム腺以外の分泌腺に雑菌が入り込んだものを「外麦粒腫」と呼んでいます。どちらの場合もまぶたが赤く腫れあがり、まばたきをすると痛みが走ります。

ものもらいの治療とは?

「霰粒腫」と「麦粒腫」、いずれも軽度ならば点眼液や眼軟膏で様子を見ることになりますが、それで治らない時は次の治療が必要です。

「霰粒腫」の場合、様子を見ているうちに治ってしまうことがほとんど。痛みを伴う腫れがある場合は、内服薬によって症状を抑えることもあります。

ただ、痛みが消えた後も、患部に脂肪の“しこり”が残ってしまうことがあります。しこりが大きく角膜を圧迫する可能性があれば、局部麻酔をかけて切開し、中身を取り出すことになるでしょう。

「麦粒腫」は菌の感染によって起こるので、症状が進んでいる場合は抗生物質を使用します。また、激しい痛みを伴う時は針で刺して膿を抜く治療も行われますが、これはかなり稀な例です。

ものもらいにならないために

一度症状が出ると、再発しやすいとも言われるものもらい。しかし、毎日のちょっとした心がけで予防することができます。以下の予防方法を参考にして、生活習慣を見直しましょう。

1.蒸しタオルでまぶたを温める
少し熱く感じる程度の蒸しタオルでまぶたを2~3分温めます。さらに指の腹を使ってまぶたを優しくマッサージをすると、温めて柔らかくなった脂が出てきます。軽い症状の「霰粒種」なら、これだけでマイボーム腺に詰まった脂肪が溶けて治ることもありますよ。

2.コンタクトレンズの使用は控えめに
コンタクトレンズは汚れが付きやすく、長時間装用していると炎症を起こしやすくなります。コンタクトレンズは必要な時だけ使うようにしましょう。

3.アイメイクはなるべく避けて
たとえ自慢のアイメイクでも、マイボーム腺にとっては汚れと同じ。まつ毛の生え際までメイクをしてしまうと分泌腺が詰まる原因になります。アイメイクはなるべく避けて、まぶたの周囲は清潔に保ちましょう。

4.規則正しい生活を送る
不規則な生活を送っていると、ホルモンの分泌が不安定になり、脂肪が詰まりやすくなります。また、疲れがたまって体の抵抗力が落ちると炎症も起こしやすくなります。早寝早起きを心がけたいですね。

ものもらいは命にかかわる大病ではありませんが、悪化すれば手術が必要になることもあります。痛みや治療に苦しむ前に日頃のケアをきちんと行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です