column

こんな状態になったら注意!まつげエクステのメンテナンス時期を見極めるポイント

まつげエクステは、ずっとキレイに維持できるわけではありません。時間が経つとまつげエクステが取れてしまったり、カールがよれたり、地まつげが抜けてしまうことがあるので、定期的にメンテナンスが必要です。では、いったいどのタイミングでメンテナンスすればいいのでしょうか。

今回は、まつげエクステのメンテナンス時期についてご紹介します。

まつげエクステってどれくらい持つの?

まつげエクステは、毛周期に合わせてつけることが一般的で、一度つけると3週間~1ヶ月程度もつと言われています。毛周期とは、「成長期、退行期、休止期」を経て脱毛する、毛の生えかわりのサイクルのことを言います。

まつげエクステのベストな装着時期は、成長期中期から後期。このタイミングでエクステを装着すると、長持ちするだけでなく、地まつげに与えるダメージが少なく、すぐに抜けてしまう、本数が減ってしまうなどのトラブルも起きにくくなるようです。

まつげエクステのメンテナンスのタイミングって?

毛周期に合わせてまつげエクステを装着した後も、まつげは日々成長します。まつげが伸びる方向によって、まつげエクステのカールの向きや角度が変わってしまうことがあり、定期的なメンテナンスが必要になります。おおよその周期は、2~3週間だと言われています。

メンテナンスはまつげエクステをすべて取り外すわけではありません。きれいに残っているまつげエクステはそのままにして、取れかけているまつげエクステのみ取り外していきます。そして、その取り外した部分に新しいまつげエクステを付け足していくのが一般的です。

ただ、頻繁にサロンを訪れることができなくて日にちが経ってしまった時や、まつげエクステがほとんど取れている場合は、すべて取り外してから、再度つけ直すケースもあります。

メンテナンスの時期を見極めるポイント

まつげエクステを装着後、だいたい2週間ほど経つと少しずつまつげエクステが取れてきます。抜ける本数が増えたり、エクステの角度やカールが気になり始めたら、メンテナンスに行くタイミングと言えます。

ただし、メンテナンスの時期は、地まつげの状態や毛質、普段のケア、寝る姿勢、季節や湿度などの環境要因によって個人差が出ます。期間を決めずに、まつげエクステにばらつきが出て気になり始めたら、メンテナンスを考えましょう。

リペアより、すべてオフしたほうがいい場合もある

メンテナンスは基本的に2~3週間に一回と言われていますが、3カ月に一度はすべてのまつげエクステを取り除いて、付け替えをしたほうがいいでしょう。

まつげエクステを装着してから3カ月以上経過すると、接着剤の劣化が進みます。少量のリムーバーで簡単に取り外すことができます。

劣化したものだけをメンテナンスすべきか、一旦すべてオフすべきかの判断がつかない場合は、サロンの専門スタッフに相談してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です