column

いろいろあるクレンジング剤の種類と特徴

健康なお肌を保つには、メイクをきれいさっぱり落としてから、眠りにつくことが大切だと言われています。メイクは、洗顔料だけでは落とせないため、専用のクレンジング剤を使うのが一般的ですが、非常に種類が多く、買いに行くたびに迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、代表的なメイク用クレンジング剤7種の特徴と、毛穴汚れや角質をきれいにするフェイスケア「ピーリング」と「スキンスクライバー」についても、あわせて紹介します。

メイクを落とすクレンジング剤の種類

私たちがよく耳にする7種類のクレンジング剤を見ていきましょう。

・シートタイプ
クレンジング剤を含んだ拭き取り用のシートです。洗い流す必要がないため、外出先や旅行先でも手軽に使えます。ただし、メイクを落とすにはお肌をこすらなければならず、摩擦によるお肌へのダメージは避けられないでしょう。また、お肌に負担のかかる洗浄成分「界面活性剤」が使われていることが多いと言われています。

・オイルタイプ
オイルの成分をメイクの汚れと馴染ませることにより、落ちにくいしっかりアイメイクや、毛穴の汚れも落としやすいとされています。しかし洗浄力の高さゆえ、お肌に必要な脂分も一緒に洗い流してしまい、乾燥しやすくなるというデメリットも。

また「界面活性剤」も多く含まれているので、お肌への負担も大きくなると言われます。使用する際は、お肌への使用は短時間にとどめ、洗浄剤をしっかりと洗い流した方が良いでしょう。

・クリームタイプ
拭き取るタイプと、洗い流すタイプがあります。どちらも肌への当たりがソフトで、通常のメイクならば汚れ落ちも十分でしょう。脂性肌、乾燥肌、敏感肌など、肌の特性に関係なく使えることが多いです。

ただし、メイクと馴染ませるまでにやや時間がかかることがあり、そのためにお肌をこすり過ぎてしまう心配も。クリームは少し多めに取り、優しく馴染ませながら使うと良いでしょう。

・リキッドタイプ
オイルタイプに続いて洗浄力が高く、サラリとしたローション状で、濡れた手でも使える扱いやすさが特徴です。オイルフリーのものを選べば、まつげエクステにも安心して使えます。
ただし、界面活性剤を多く含む場合も多く、お肌へ負担がかかると言われています。乾燥肌や敏感肌の人には不向きかもしれません。

・ジェルタイプ
水性と油性があります。ベタつきが少なく、さっぱりかつマイルドな使い心地が特徴で、水性ジェルタイプならまつげエクステ装着中も使えるすぐれもの。お肌への負担が少ない分、洗浄力も低めで、ウォータープルーフのメイク落としには向かないと言えるでしょう。

・ミルクタイプ
お肌に優しく、さらさらとした使い心地が特徴。洗い上がりがしっとりとする保湿力の高い製品が多く出回っています。ただし、メイクと馴染みにくく洗浄力も低いため、しっかりアイメイクなどは完全には落とせないこともあります。普段ナチュラルメイクをしている人におすすめのタイプです。

・アイメイクリムーバー
マスカラやアイライン、アイシャドウなどのしっかりアイメイクを落とすための専用リムーバーです。コットンや綿棒にたっぷりと染み込ませ、軽く当てて馴染ませるだけで、頑固なメイクもするりと落ちます。ただし洗浄力が高い分、お肌へのダメージも大きいとされているので、赤みや痛みなどの症状が出た場合はすぐに使用を止めましょう。

あなたのお肌を再生させる2つの方法

お肌のクレンジングをした後は、きちんと肌ケアをして美しい肌を保ちましょう。

・ピーリング
肌のくすみの原因のひとつとされている古い角質を取り除き、お肌のターンオーバーを正常にする角質ケアの一種です。酸を配合したピーリング剤で角質を溶かす「ケミカルピーリング」、機械を使って角質をはがす「レーザーピーリング」などがあります。ピーリングを行うと、古い角質だけでなくお肌に必要な角質も除去してしまうことがあるため、しっかりとアフターケアをしないと、乾燥や肌の赤み、ヒリヒリ感などの症状が出ることがあるとされています。

・スキンスクライバー
超音波の振動を利用し、洗顔やクレンジング剤では落ちない毛穴の汚れを取り除く方法です。毛穴の汚れや黒ずみの改善が期待できます。皮膚に刺激の少ない金属を使っているところが多いため、お肌へのダメージは少ないことが多いようです。

また、店舗によって効果にはバラつきがあります。なお、妊娠中やペースメーカーを使用している人は施術を受けられないのが基本です。

クレンジング剤やお肌のケアには、メリットとデメリットがあります。人気や価格にとらわれず、それぞれの特徴を比較して、自分の肌や好みに合うものを探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です