column

あなたはどのタイプ? 目のクマの種類

ひとくちに「目の下のクマ」といっても、実はいくつかの種類があることをご存じでしょうか。こちらでは、目のクマの種類と、それぞれの原因や解消法についてご紹介します。

目のクマには種類があるってホント?

目の周辺には毛細血管が張り巡らされており、眼球を守るために眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪がクッションの役割を担っています。年齢と共に、まぶたを支える筋肉が衰え、この眼窩脂肪が支えられなくなってきます。それがたるみクマとなって表面に出てきてしまうのです。

さらに、まぶたの皮膚は大変薄く、毛細血管のうっ血や色素沈着を起こすことにより、それがクマとなって現れてしまう場合もあります。

クマの種類は大きく「青クマ」、「黒クマ」、「茶クマ」の3タイプに分類されます。それぞれ原因と対処法が異なりますので、チェックしましょう。

青クマの特徴と対処法

青クマは、目の周りに張り巡らされている毛細血管の内部を流れる血液が滞ってしまうことが原因です。睡眠不足、疲れ、ストレス、目の疲れ、冷え、パソコンの過度の使用などから引き起こされると言われています。

日頃の生活習慣が引き起こしているこのクマですが、先天的要因も大きく、生まれつき皮膚が薄い方、色白の方、冷え性で血流が滞り易い方はできやすいとも言われています。

青クマを解消するためには、血行を促進してあげることが先決。睡眠不足やストレスなど、そもそもの要因を取り除くことが大切ですが、すぐに取り除くことが難しいという方は、ホットタオルを目元に当てたり、マッサージをしたりして血行促進を図ってみてください。

黒クマの特徴と対処法

黒クマの原因には、目の下の眼窩脂肪が関係しています。加齢とともに眼窩脂肪がたるんでくるため、その下に影ができ黒クマとなります。

黒クマを解消するためには、原因となるくぼみやたるみを除去することが最も確実な方法だと言えます。ただ、メイクで隠そうとすると余計目立ってしまうので、アイクリームや保湿でケアをしたり、マッサージや表情筋を鍛えるなどしてたるみの解消を図ります。

しかし、それなりの時間を要するため、手っ取り早く解消したいというときには、美容外科でのヒアルロン酸注入や脂肪除去施術を検討しても良いでしょう。

茶クマの特徴と対処法

茶クマの大きな、表皮の色素沈着が一番の原因です。

目の周りの皮膚はとても薄くデリケートなので、紫外線によるシミや、新陳代謝の低下、アイメイクで目の周りをこすりすぎたりすることが原因となります。青クマや黒クマとは異なり、茶クマは目の下だけでなく目の周りにもできるのが特徴です。

茶クマを解消するために一番気を付けたいのが、紫外線。紫外線を浴びると、色素沈着に繋がってしまうので、外に出かける際にはしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

さらに、メイク汚れも色素沈着の原因になってしまうので、メイクはしっかり落とすように心掛けてください。その際は、ゴシゴシこすらずやさしくメイクオフできるようなクレンジングや洗顔料を選ぶようにしましょう。

さらに、美白化粧品を使用したり、時々ピーリングをほどこして、新陳代謝を上げるようなケアも忘れないようにしてください。

このように、目のクマの原因はひとつではありません。また、複数が混在していることも十分に考えられます。種類を正しく見分け、日常のケアを怠らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です