column

あなたに似合うアイシャドーの色の選び方

メイクをする際にどうしても悩んでしまうのが、アイシャドーの色の選び方。自分にはどんな色が合うのか、今の季節にはどんな系統の色が合うのかなど、色選びで悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、目のタイプや季節に合わせたアイシャドーの選び方を紹介します。メイク道具選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目のタイプに合わせて色を選ぶ

二重さんにおすすめ
二重の方は、基本的にはどんな色でも似合うでしょう。そのため、どんな印象に見られたいか、というのがアイシャドー選びのポイントになります。

優しく柔らかな印象にしたいのならピンク。落ち着いた印象を与えたいならブラウン。深みのある瞳に見せたいのなら、黒やこげ茶などのダークカラーを選ぶと良いでしょう。
ただし、濃い色味のアイシャドーを広範囲に塗ると、二重は目のインパクトがあるためさらに派手になってしまうので要注意です。

奥二重さんにおすすめ
奥二重さんはまぶたにボリュームがあるので、まぶたをスッキリと見せるためにも、ベージュ、ピンクなどのナチュラルなカラーを選ぶと良いでしょう。濃いピンクやラメ入りのものなどをチョイスすると、色によっては目元が腫れぼったく見えてしまうので注意が必要です。

また、目を開いたときに色が隠れてしまうからと、目の上に濃く塗ってしまうと厚化粧になり、不自然な印象になってしまいます。濃い色は、まぶたの際の部分に、ライン状に入れるとナチュラルに仕上がるでしょう。

一重さんにおすすめ

まぶたが重たく見えてしまう一重さんですが、特に肉厚なまぶたの方は、さらに腫れぼったく見えてしまうピンクは不向き。くぼみのある一重さんの場合は、ピンクも可愛らしく仕上がるのですが、肉厚一重さんはブルーやグリーンの寒色を使うとスッキリした印象になります。

濃い色の場合はまぶた全体に入れるとのっぺりとしてしまうので、まぶたの際にライン状に引くと良いでしょう。

季節に合わせた色を選ぶ

自分に似合う色を選ぶことも大切なものの、メイクには季節感も重要です。季節に合わせて、違ったカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

・春
寒さも和らぎ、暖かさが溢れる春。そんな春には、グリーンやピンクで爽やかに目元を彩ってみてはいかがでしょうか。

上級者の中には、グリーンのシャドーを全体に入れ、目尻にイエローを入れるなど、春らしくカラフルに仕上げる方もいるようです。

・夏
さんさんと照らす太陽の下で、元気いっぱいアウトドアを楽しみたい夏には、オレンジやピンクなどの暖色系や、ブルーやグリーンといった寒色系もよく合います。
昼間のイベントには暖色系で、夜の花火大会には寒色系など、一日の中でもアイシャドーを使い分けてメイクを楽しみましょう。

・秋
どことなく寂しげな哀愁漂う秋には、ブラウン、グレー、パープルが人気。淡いパープルを全体に入れて濃いブラウンで引き締めるといった、ダブルカラー使いをすると、目元に深みが出るのでおすすめです。

・冬
モノトーンファッションにまとめることが多い冬には、ブラック、グレー、ブルーなど濃い目のカラーがよく合います。ラメをさりげなく入れるなど、シックながらもしっかりとした存在感のある瞳が、冬らしいと言えます。

肌や瞳の色、髪の色に合わせた色を選ぶ

アイシャドー選びに迷ったら、自分の肌の色、瞳の色、髪の色を元に選べば、自分にぴったりの色を見つけやすくなります。自分が生まれながらにして持つ肌、瞳、髪の色を最も活かすことができる色のことを、「パーソナルカラー」と呼び、このパーソナルカラーを見つけることで、自分の雰囲気にぴったりな化粧品のカラーや服装を選ぶことができます。

この方法とは別に、自分が目指すタイプに合わせた色をチョイスすることで、自分が持つ雰囲気とは違うものに近付けることもできます。例えば、落ち着いた印象にしたい方はベージュのようなくすんだトーンの色を、華やかでシャープな印象を与えたい方はレッドのようにはっきりした色調を使うと良いでしょう。

今回は、自分に合うアイシャドーの選び方を紹介しました。自分の目のタイプ、肌の色に合わせることで、最も似合うカラーを選ぶことができます。色選びに迷ったら、一度パーソナルカラーを診断してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です