MAQUIA マキア|アイラッシュサロン/ 公式サイト
  1. トップアイコントップ>
  2. まつげエクステのお役立ち情報>
  3. まつげの豆知識>
  4. 美容、健康のための正しい水の飲み方

美容、健康のための正しい水の飲み方

美容、健康のための正しい水の飲み方

人体のおよそ60%~70%を構成する水分ですが、間違った飲み方をしていると、むくみや水中毒につながってしまう恐れがあることを知っていましたか? 実は食事と同様に、水分を摂る際にはそのタイミングや量には決まりがあるのです。

そこで今回は、「正しい水分の取り方」についてご紹介していきます。

美容だけではなくイライラも解消!


水を飲むと代謝が良くなり、美容やダイエットに効果があることは広く知られた事実です。ただ、水は心の健康にも役立つことを皆さんはご存知でしょうか?

水を摂ることで老廃物が適度に体外へ排出されるようになり、肌がきれいになったり、便秘が解消されたりして、日ごろから感じていたストレスから解放されるのです。

さらに鎮静作用もあるとされ、イライラやプレッシャーを感じたときには、1杯飲むだけで心が落ち着くと言います。水は身近な存在なので見過ごされがちですが、さまざまな効能があるということをまずは知っておきましょう。

1日に摂取する水分量は人によって違うことを知る


水を過剰に摂取すると、細胞が膨張してむくんだり、血液中の塩分濃度が低下して体内の水分バランスが崩れたりします。

頭痛や嘔吐、神経過敏、軽度の疲労感が症状として現れることもあり、最悪の場合は死に至るケースもあるほどです。
水分を体外に排出できていれば防止できますが、代謝の問題で上手にいかないこともあるために、正しい水の飲み方を理解しておくことはとても大切なことです。

1日1.5~2Lくらいが目安の摂取量とよく言われていますが、1日に摂取するべき適切な水分量は、年齢や体重などで異なります。自分に合った摂取量はどれほどなのか、自分の摂取量を把握しておくと良いでしょう。

水の飲み方とタイミング


水を飲むときは、1回で1日分を摂取しようとせず、複数回に分けてコップ1杯ずつ飲むようにしましょう。1日の水分摂取量が1500mlの場合、目安はコップ7~8杯です。

・起床時、就寝時……1~2杯

睡眠中は汗や呼吸をすることで水分が常に奪われています。不足した水分を補給するために、起床時および就寝時はできるだけ水分を摂るようにしましょう。

・スポーツ中、スポーツ後……1~2杯

大量の汗をかくスポーツ中やスポーツ後は、十分に水分を摂ることが望まれます。熱中症を予防する効果もあるために、万一のトラブルを備えて摂取を心がけましょう。

・食事の前……1杯

食事しているときに水を飲むと、消化を助ける胃酸や消化酵素が薄くなるため、消化しきれなかった分が体内に残り、痩せにくい体質になってしまいます。食事をする30分前に水分を摂り終えているのが理想的です。

・入浴時……2杯

お風呂に入ると発汗するので、徐々にカラダの水分は失われていきます。入浴前、入浴後は必ず1杯ずつ飲むように心掛けるようにしてください。長風呂をするときにはペットボトルをドアの側に置いておき、こまめに水分補給をすると良いでしょう。

食事中は、炊いたお米や煮物、野菜に水分が含まれているので、特に意識しなくても自然に水分が摂れています。そのため、起床時、入浴時、寝る前などのタイミングで1杯ずつお水を飲むことを意識すれば、無理に水を飲もうとしなくても、1日で必要な水分量を摂ることができるのです。まずは自分に合った水分量を知り、適切なタイミングで水分を摂っていくようにしましょう。