MAQUIA マキア|アイラッシュサロン/ 公式サイト

紫外線がまつ毛に与える影響

紫外線がまつ毛に与える影響

お肌や髪への紫外線対策はもはや当たり前ですが、まつげのUVケアにまで気を使っている人はあまりいないのではないでしょうか。まつげは髪と同じ性質を持っているために、紫外線にさらされると当然ダメージを受けてしまいます。

顔の印象を大きく左右する箇所なので、紫外線がまつげに及ぼすダメージとそのアフターケアについて、ここできちんと理解しておきましょう。

紫外線はまつげにもダメージを与えていた!


ツヤのある健康な髪質の証といえば、髪の外側をコーティングするうろこ状のキューティクルがきれいなことです。実はまつげにもキューティクルが存在しており、紫外線を受けると髪同様にダメージを受けてしまうのです。

ダメージを受けるとたんぱく質などの栄養素がまつげから損なわれ、キューティクルがはがれたり乾燥したりするので、きちんとした紫外線対策を心がけなくてはいけません。

まつげがダメージを受けると何が問題なの?


秋になると髪やまつげの抜け毛が気になる人が増えると言いますが、その原因のほとんどは夏に紫外線を浴びたことによるダメージとも言われています。

まつげのキューティクルがはがれたところから、水分や栄養が内部から流れ出てしまい、切れ毛や毛が細くなってしまうのです。さらにはツヤがなくなり、まつげが折れたり、ビューラーで挟むと切れてしまうこともあるようです。

なかなかまつげが伸びない、なんとなく短いと感じている人は、もしかするとまつげが紫外線のダメージを受けているのかもしれません。

ダメージを受けたまつげをケアするテクニック


まつげのケアは、髪のダメージケアと同じように保水と保湿が大切です。たとえば、まつげ専用の美容液や育毛剤を使ってケアをする、もしくは目元のマッサージなどを試してみるのもいいでしょう。
後者については、血行やリンパの流れを良くすることで、まつげの成長を促してくれます。ホットタオルを使って温パックをして、目元専用のクリームや乳液を使ってマッサージをすると、乾燥しやすい目元を保湿することもできるので、とてもおすすめです。

紫外線ダメージを受けないためにまつげを守る方法


紫外線のダメージ予防は、洗顔後、寝る前、外出前に美容液や育毛薬を塗ることが適切な方法です。ただ、このような液体を塗るときには必ず乾かしてから使用するようにしましょう。さらに、お出かけ前やメイク直しの際にも、美容成分や紫外線をブロックする成分が入ったメイク用マスカラを使うとより効果を感じられるかもしれません。

マスカラを使用したい場合は、下地効果のあるマスカラを使って、保湿コーティングした上から重ねるようにしましょう。また日焼け止めなどのスキンケアをする際には、目元までしっかりケアしてあげることも大切です。

紫外線ダメージを受けたまつげは、切れたり抜けやすくなったりしているので、クレンジングでも優しく洗顔するように心がけてください。クレンジングでは、目元専用のリムーバーを使うと、乾燥しやすい目元がきちんと保湿されて、ダメージを軽減することができます。美しいまつげをキープするためにクレンジングはもちろん、上記のケア方法もぜひチャレンジしてみてください。